芝浦工業大学、東京大学生産技術研究所、MS&ADインターリスク総研株式会社は共同で、気候変動により変わりつつある洪水リスクの解析に取り組み、一部地域では既に、地球温暖化の影響が河川洪水に現れ始めていることを明らかにした。

 近年の気候科学研究では、気象災害に対する気候変動影響の検出と原因特定(Detection and Attribution)が可能になりつつある。しかし、河川洪水については、気候変動の進行により世界的にリスクが増大すると予測されているものの、気象災害に比べ空間スケールが小さく、かつ複雑なメカニズムで引き起こされるため、これまでDetection and Attribution研究で扱うことは困難とされてきた。

 そこで本研究では、まず、高解像度の衛星画像から、洪水氾濫域の洪水頻度の変化を検出する手法を開発した。この手法により、1984-2013における29年間で、洪水氾濫域は観測が29%で増加傾向、41%で減少傾向であることがわかった。また、河川氾濫域の水の存在比の変化は、河川の年間最大日降水量の増減傾向と相関が高いことも明らかとなった。

 次に、近年の大規模な洪水発生に対する地球温暖化の影響を、気候モデルを用いたイベントアトリビューションという手法で解析した。その結果、2010年から2013年に起きた22洪水のうち、14洪水で地球温暖化によりその「発生しやすさ」が変化していることが判明した。特に、融雪による春の洪水は、降水量の増加や積雪量の減少といった要因で、地球温暖化の影響を受けやすいという。

 これらの研究結果は、気候変動によって将来の洪水リスクが既に変わりつつあることを示唆している。本グループらは、最新のCMIP6温暖化実験に基づく将来の洪水リスクマップも新たに公開を開始。こうした気候変動リスク情報の創出は、適切な分析と温暖化被害削減のための事前対策を後押しするものと考えられる。

参考:【芝浦工業大学】気候変動により変わりつつある洪水リスクを把握

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

芝浦工業大学

輝き続ける学び、世界で活躍するエンジニアの育成

芝浦工業大学は、「社会に学び社会に貢献する技術者の育成」を建学の精神に4学部16学科3キャンパス、幅広い学びのフィールドと最新の研究設備を有し、グローバル水準の教育レベルを維持するため、アウトカムズ評価を含めた教育の質保証に取り組んでいます。国際社会で輝き続け[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。