高知大学教育研究部自然科学系の原忠教授、静岡理工科大学土木工学科設置準備室の中澤博志教授、宮崎大学工学部の末次大輔教授らの研究チームが進めている蛇籠(じゃかご)技術の研究および普及の取り組みが、科学技術振興機構のSTI for SDGsアワードで優秀賞を受賞した。

 同チームが研究・普及に取り組む蛇籠技術は、鉄筋籠に石を中詰めした構造体を積み上げ、道路の擁壁などさまざまな土木工事で使用する工法。伝統的な土木技術で、最新の手法ではないが、安価で材料を調達できるうえ、施工にそれほど高い技術力を必要としないことから、防災インフラの整備が遅れている途上国への普及が期待されている。

 同チームは蛇籠の耐震性を定量的に分析し、科学的知見で解明するとともに、耐震性を高める資材の選定や設計・施工法の特定を進め、国内だけでなく海外への普及に尽力した。

 STI for SDGsアワードは科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation:STI)を用いて社会課題を解決する優れた取り組みに贈る賞で、科学技術振興機構が2019年度に創設した。同チームの受賞は水害など大規模災害が増加する中、蛇籠技術の持続可能性が高く、住民参加で施工できる点などが高く評価された。

参考:【静岡理工科大学】JST主催「STI for SDGsアワード」で優秀賞を受賞しました

高知大学
宮崎大学

世界を視野に豊かな人間力・実践力を養い、地域への医療貢献

宮崎大学は、「世界を視野に地域から始めよう」のスローガンのもとに、人類の英知の結晶としての学術・文化に関する知的遺産の継承と発展、深奥なる学理の探究、地球環境の保全と学際的な生命科学の創造を目指し、変動する社会の多様な要請に応え得る人材育成を教育の理念として掲[…]

静岡理工科大学

研究が人を育てる。専門力と人間力を養い、人と地球の未来を変える

静岡理工科大学の「教育」は単なる知識の詰め込みではありません。研究に取り組むことの意義を、自らを研ぎすまし、学びを究めること、つまり「人としての成長」であると考えています。専門力と人間力を養う、特色のあるカリキュラム編成や、アクティブラーニング形態授業などを展[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。