大阪大学、北海道大学、東京工業大学、九州大学の共同研究グループは、染色体のヘテロクロマチンがセントロメア領域のDNA反復配列(セントロメア・リピート)を「のりしろ」にした染色体異常を抑制することを世界で初めて明らかにした。

 正確な染色体分配に極めて重要な染色体領域セントロメアでは、セントロメア・リピートを「のりしろ」にした転座などの染色体異常を生じることがある。セントロメアはクロマチン(DNAがヒストンタンパク質に巻き付いたヌクレオソームを基本単位とする構造)が凝縮したヘテロクロマチン構造となっているが、染色体異常との関連はわかっていなかった。

 本研究では、ヒトと類似したクロマチン構造を持つ分裂酵母を用いて、染色体の安定性におけるヘテロクロマチンの役割を調べた。その結果、ヘテロクロマチンの基盤であるヒストンH3のリシン残基(H3K9)のメチル化酵素を遺伝子破壊すると、セントロメア・リピートを「のりしろ」にした染色体異常が高頻度で形成されることがわかった。また、H3K9のメチル化修飾が起きないようにした変異株でも、染色体異常が高頻度で起きた。このことから、ヘテロクロマチンにおけるH3K9のメチル化修飾が染色体異常の抑制に重要であることが判明した。

 さらに、ヘテロクロマチン欠損株を詳細に調べたところ、転写(DNAを鋳型にRNAを合成する反応)の伸長を促進する転写因子TFIISが染色体異常を誘発することもわかった。ヘテロクロマチン領域では転写が起きにくいことが知られており、ヘテロクロマチンの転写制御を介した染色体異常の抑制機構が明らかとなった。

 本成果は、ゲノム変異を伴わない、クロマチン制御のみによる遺伝子治療への応用につながることが期待される。

論文情報:【Communications Biology】Heterochromatin suppresses gross chromosomal rearrangements at centromeres by repressing Tfs1/TFIIS-dependent transcription

大阪大学

一人ひとりの「真価」を、阪大の「進化」に。地域に生き世界に伸びる大学へ

大阪大学は、11学部23学科を有する研究型総合大学。1931年の創設以来、「地域に生き世界に伸びる」をモットーに、高度な教育研究力、教職員の和の力、そして伝統の重みと大阪という地の利が織りなす卓越した「基盤」と「力」を有しています。これらの優れた潜在力を活かし[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

北海道大学

産業界や地域との連携を強固に「北海道大学ならではの実学」が世界をリード

北海道大学の起源は、1876年に設立された札幌農学校に遡る。長い歴史の中で、「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」及び「実学の重視」という基本理念を掲げ、培ってきました。 この理念の下に国際的に通用する高度な学問的素養をもち、的確な判断力とリーダ[…]

九州大学

世界へ羽ばたき飛躍する。グローバル社会で活躍するリーダーを育成

110周年を迎えた九州大学は、12学部18学府(大学院・教育組織)を擁する総合大学。2018年から高大接続から学部教育・大学院教育、研究者育成を一貫性のある取り組みとした持続的人材育成プラン「九州大学ルネッサンスプロジェクト」を実施し、優秀な学生と卓越した研究[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。