横浜国立大学、東京工業大学、芝浦工業大学、エスピリトサント連邦大学(ブラジル)、アヴェイロ大学(ポルトガル)の国際共同研究チームは、プラスチック光ファイバーヒューズという新たな物理現象に基づき、光ファイバーを用いて磁界を計測することに成功した。

 光ファイバーセンサーが持つ多くの利点の一つに電磁ノイズに強いという性質がある。強電磁界環境での変形や温度の測定には有利だが、磁界自体の計測は困難だ。従来の光ファイバー型の磁界センサーには磁界に反応する物質が能動的に添加され、高コストでシステム構成自体も複雑だった。そこで、特別な物質が不要の低コスト光ファイバーを用いた、高感度で簡素な構成の磁界センサーの実現が望まれていた。

 2014年に横浜国立大学の水野洋輔准教授らは、プラスチック光ファイバー中でのヒューズ現象(光による光ファイバーの破壊現象)を初めて観測した。今回、ヒューズ後のプラスチック光ファイバーが磁界に反応することを初めて発見し、モード間干渉(異なる経路を通過した複数の光の相互干渉)と呼ばれる簡素な構成をセンサーに組み込むことで、低コストかつ超高感度な磁界計測に成功した。

 また、5cmの光ファイバーを用いた場合に、センサーの出力スペクトルのピーク波長が極めて高い感度(113.5pm/mT)でシフトすることを実証した。このセンサーは日本国内の地磁気の大きさに相当する微小な磁界(45µT)の変化が検出可能。これは、テルビウム添加光ファイバーを用いた従来法(20 mT)よりも数百倍小さい値だ。

 今回の研究成果は将来的に、電力系統、変圧器、回転機などの磁界モニターのほか、さまざまな分野における電磁環境調査への応用が期待される。

論文情報:【Advanced Photonics Research】Highly sensitive fiber-optic intrinsic electromagnetic field sensing

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。