同じ東京都世田谷区に位置する昭和女子大学環境デザイン学部と東京都市大学都市生活学部は、「誰もが過ごしやすく持続可能性のあるユニバーサルな未来都市デザイン」をテーマに学部間協定を締結した。

 昭和女子大学環境デザイン学部と東京都市大学都市生活学部は、両者の強みを活かしてSDGs(持続可能な開発目標)のひとつ「住み続けられるまちづくりを」の具体化に寄与すべく研究と教育での連携を深めていく。

 2021年2月26日には、協定締結を記念し、「SDGsと住み続けられるまちづくり」をテーマにしたシンポジウムを開催する。シンポジウムは三部構成で、第一部は昭和女子大学グローバルビジネス学部の長屋真季子専任講師による基調講演「まちづくりにおいてSDGsが果たす役割」、第二部は“withコロナ”に関する4つの事例講演、第三部は登壇者によるパネルディスカッションを行う。

 シンポジウムの会場は昭和女子大学昭和デジタルスクエアだが、オンライン(Zoom)による参加も可能。参加費は無料。メールでnishibus(at)tcu.ac.jp (東京都市大学 西山敏樹准教授)宛てに要申込。
※(at)は@に置き換え

参考:【昭和女子大学】昭和女子大学環境デザイン学部×東京都市大学都市生活学部 学部間協定締結記念シンポジウム「SDGsと住み続けられるまちづくり」開催

昭和女子大学

多様性に満ちたスーパーグローバルキャンパスで、人生を切り拓く力を養成

学びを深め、視野を広げる6学部14学科を擁し、高度な専門知識に加えて、社会で活躍するための幅広い力を身につけるためのキャリア教育とグローバル人材育成教育に力を注いでいます。キャリア関連科目は1年次から始まり、インターンシップや就職支援講座も多数開設。ボストン分[…]

東京都市大学

理工系DNAを持つ総合大学。時代と社会が求める「未来を変える」学びが始動

創立90年を超える東京都市大学は、3キャンパス7学部17学科を擁し、理工系から人文・社会科学系に至る多彩な専門性を備えた独自の教育システムを展開。関連分野では相互に連携しながら教育・研究を進めています。専門の学習・研究に直結した実践的なプログラムとして、国内外[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。