新型コロナウイルス感染症が流行する中、人口密度が高い都市部や貧困の度合いが高い地域に居住する人ほどメンタルヘルスが悪化する割合が高いことを、国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンターの大久保亮室長、東京大学大学院総合文化研究科の池澤聰特任准教授らの研究グループが突き止めた。

 国立精神・神経医療研究センターによると、研究グループには東北大学大学院環境科学研究科の中谷友樹教授、埴淵知哉准教授、大阪国際がん研究センターの田淵貴大副部長らが加わり、全国すべての都道府県から約2万8,000人が参加する大規模インターネット調査をした。

 その結果、人口密度の高い都市部や貧困の度合いが対地域に暮らす人ほどメンタルヘルスが悪化する割合が高いことが分かった。特に自殺願望を持つ人の割合でその傾向が強かった。この点は世界で初めての報告になるという。

 研究グループはこの傾向を生む原因として、人口密度の高い都市部の居住者は居住スペースが狭く、個人主義的なライフスタイルを好む人が多いため、自宅で過ごす時間が増えたことなどが負担になったのではないかとみている。一方、貧困の度合いが高い地域はメンタルヘルスに良好に働く医療保健施設や地域の人との交流が乏しく、環境変化に脆弱となっているのではないかと推察している。

参考:【国立精神・神経医療研究センター】新型コロナウイルス感染症流行下で居住地域がメンタルヘルスに与える影響を明らかに:日本全国大規模インターネット調査より

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。