埼玉工業大学では、「自動運転技術開発センター」の2020年度における自動運転バスの研究・開発において、年間合計約2,970㎞に及ぶ自動運転走行を実現した。約2,970㎞という走行距離は、国内の大学で開発する自動運転バスとしてトップクラスの走行実績となる。

 埼玉工業大学は、2020年4月から2021年3月末までの1年間、地元・深谷市の公道走行をはじめ、SIP第2期自動運転(羽田空港地域)、塩尻市での「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」などの自動運転の実証実験に参画。

 特に2020年度の後半には、深谷観光バス株式会社との協力により、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公ゆかりの地を巡る「渋沢栄一 論語の里循環バス」として、2019年度に開発したマイクロバス(リエッセII)が業務用の緑ナンバーを取得し、路線バスとして営業運行した。

 このように、コロナ禍においても、東京・大阪間を3往復した距離に相当する、年間約2,970km(一部大学構内を含む)を自動運転で公道走行し、2019年度の計652kmの約4倍となる長距離走行を実現した。

 埼玉工業大学は、自動運転バスの開発において、「埼玉県スマートモビリティ実証補助金」に2年連続で採択。2019年の採択により、マイクロバス(リエッセII)の自動運転バスを開発し、同年8月より公道による実証実験を開始した。そして2020年度の採択で、大型バス(レインボーII)を開発し、産学官連携で自動運転バスの研究・開発を進めている。

 埼玉工業大学の自動運転バスは、自動運転OSのAutowareをベースに、独自開発したソフトウエアSAIKOカーWareにより、AI技術を積極的に採用して、自動運転レベル3相当を目指し開発している。システムによる自動運転とドライバーによる運転が即時にスムーズに切替え可能で、交通の状況に応じて安全に、一般公道を法定速度で走行できる。

参考:【埼玉工業大学】埼玉工業大学、2020 年度の自動運転バスの開発実績を報告 全国の実証実験で、年間約 2,970km を自動運転で走行(PDF)

埼玉工業大学

文系理系の枠を超えた多彩な学びを提供。少人数制教育で丁寧な教育と恵まれた学習環境を実現。

埼玉工業大学は、「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の 2 学部 5 学科において、多様化した現代社会で活躍できる人材の育成に努めています。進路や関心に合わせた専門分野の指導はもちろん、英語教育・情報処理教育にも力[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。