研究成果の記事一覧

世界初、「光格子時計」で標高差5cmの測定精度を実現 東京大学など

 東京大学の香取秀俊教授らの研究グループは、相対性理論を応用し、2地点に設置した「光格子時計」の時間 […]

新規向精神薬の探索法を開発 京都大学と福岡大学

 京都大学と福岡大学などの共同研究チームは、ガンマアミノ酪酸(GABA)を識別し情報を伝達するタンパ […]

日本語と英語、脳内ネットワークの活性に違い 熊本大学と札幌医科大学ほか

 熊本大学の積山薫教授、札幌医科大学の篠崎淳助教、国際電気通信基礎技術研究所らの研究グループは、対面 […]

「またいとこ」までわかる新しい血縁鑑定法を開発 京都大学

 京都大学医学研究科玉木敬二教授らの研究グループは、口腔内細胞のDNAを用いて、これまでは親子・兄弟 […]

パーキンソン病発症に重要なタンパク質の構造解析に成功 大阪大学など

 大阪大学と高輝度光科学研究センター(JASRI))らの研究グループは、パーキンソン病発症の鍵を握る […]

解像度100mの精度でゲリラ豪雨を詳細予測、大阪大学など

 理化学研究所(理研)と情報通信研究機構(NICT)、大阪大学などの国際共同研究グループは、スーパー […]

細菌が宿主を「操作」する仕組みを解明 東北大学

 約半数の昆虫に感染しているとされる共生細菌「ボルバキア」。感染している宿主の雌の卵に入り込むことで […]

パーキンソン病の早期診断に有効なバイオマーカーを同定 同志社大学

 同志社大学生命医科学部システム生命科学研究室・斎藤芳郎准教授らのグループが、パーキンソン病患者の赤 […]

東京都の緑地と害虫・害獣相談件数の関連を解明 首都大学東京

 首都大学東京大学院 都市環境科学研究科の沼田真也准教授を代表とする高度研究プロジェクトは、東京都の […]

DNAを切らずに遺伝子書き換え 新しいゲノム編集技術を開発 神戸大学ほか

 神戸大学、東京大学、静岡県立大学の研究グループが新たなゲノム編集技術「Target-AID」の開発 […]
  1. 1
  2. 127
  3. 128
  4. 129
  5. 130
  6. 131
  7. 179