研究成果の記事一覧

北海道大学 がん予防薬の発見に向けた開発に成功 世界初

 北海道大学の藤田恭之教授らは物質のがん予防薬としての効果を調べるスクリーニング評価系の開発に成功し […]

慶應義塾大学 リプログラミング療法の臨床試験に成功

 慶應義塾大学医学部の大家基嗣教授、小坂威雄専任講師らのグループは、進行性の前立腺がん患者に対し、抗 […]

運動で脳を若く保つ 筑波大学、中央大学

 筑波大学の征矢英昭教授と中央大学の檀一平太教授の共同研究グループは高齢期では身体持久力が高い人ほど […]

岡山大学 桜島近くの海底火山から二酸化炭素が放出

 岡山大学の山中寿朗准教授らの研究グループはが鹿児島湾内の桜島北東沖に位置する海底の活火山「若尊(わ […]

筑波大学など 嫌なことを避ける脳のメカニズムを発見

 筑波大学の河合隆嗣研究員、松本正幸教授、関西学院大学の佐藤暢哉教授、京都大学の高田昌彦教授らは動物 […]

明治大学が先端数理を日仏韓台で共同研究

明治大学は、先端数理分野での共同研究を推進するため、日本、フランス、韓国、台湾の著名な大学、研究機関 […]

岡山大学 パーキンソン病とたんぱく質の変性

 岡山大学の上原孝教授らは細胞内でセンサーとして働くたんぱく質が、多量に産生された一酸化窒素(NO) […]

東京大学、東京工業大学、広島大学 2次元電子の特殊な超伝導を発見

 東京大学、東京工業大学、広島大学の共同研究でパラジウムとビスマスからできた固体が特殊な超伝導状態に […]

総合研究大学院大学など 学習能力は子供時代に形成

 総合研究大学院大学、国立遺伝学研究所、理化学研究所は大人になってからの学習能力が子供時代に形成され […]

京都大学、新生児の名前から日本文化の個人主義化を示唆

 京都大学は、新生児の名前の経時的な変化を分析することで、日本文化が個性を重視する個人主義文化に変容 […]
  1. 1
  2. 127
  3. 128
  4. 129
  5. 130
  6. 131
  7. 144