研究成果の記事一覧

ゴキブリの脳を覆い尽くす、巨大ニューロンを完全同定 北海道大学と福岡大学

 脳は過剰な量の情報を処理したり、考えすぎたりすると疲労する。この興奮した脳を沈静化する働きを持って […]

細胞膜のタンパク質がインスリン分泌を阻害、糖尿病新薬の可能性

 大阪大学の研究グループは北海道大学などと共同で、マウス生体内において、ホルモンの放出を調節するタン […]

音声を同時認識する新技術、筑波大学などが開発

 筑波大学生命領域学際研究センターの牧野昭二教授と国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系の小野順貴 […]

悪性脳腫瘍の発症メカニズムを解明、東京農工大学など

 東京農工大学の泉川桂一助教と高橋信弘教授、首都大学東京の礒辺俊明特任教授らの研究グループは、RNA […]

低所得、独り親が子の抑うつに影響、日本医科大学調べ

 日本医科大学が全国から無作為抽出した子供を対象に親の社会経済状況と抑うつ、不安の関連を調べたところ […]

アイナメ属の半クローン、配偶種変えてゲノム永続

 遺伝的多様性に乏しく、悪性の突然変異を排除できないことから、系統として長く続かないと考えられている […]

30年前から予言されていた「再帰蛍光」の観測に成功 首都大学東京など

首都大学東京、理化学研究所、イエテボリ大学からなる研究グループは、宇宙空間のような真空中に孤立した分 […]

世界初、がん幹細胞による腫瘍内血管の形成を証明 岡山大学

 岡山大学の妹尾昌治教授らの研究グループは、がん幹細胞が血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成する […]

おたふくかぜの感染の仕組み解明 九州大学ほか

九州大学などの研究グループは流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスが人へ […]

立命館大学とノエビア 薬用植物の栽培に土壌肥沃度指標を活用

 立命館大学生命科学部の久保幹教授と、植物研究と最新の皮膚科学を応用した化粧品づくりに取り組むノエビ […]
  1. 1
  2. 128
  3. 129
  4. 130
  5. 131
  6. 132
  7. 185