研究成果の記事一覧

アトピー性皮膚炎の「かゆみ」の原因タンパク質を発見、治療薬開発に期待 九州大学

 九州大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎において痒みを引き起こす物質であるIL-31の産生に、E […]

カンキツ類の親子関係60 種以上を解明 京都大学ほか

 国立遺伝学研究所、農研機構、京都大学農学研究科の北島宣教授らは共同で、15種のカンキツ類の全ゲノム […]

消費活動が絶滅危惧種に及ぼす影響、信州大学が可視化

 信州大学経法学部の金本圭一朗講師らは、世界各国の消費活動が各地の絶滅危惧種に与える影響を地図上に示 […]

先生と生徒の脳活動を測定し、教育学習メカニズムを解明 東北大学

 東北大学大学院医学系研究科 肢体不自由リハビリ分野の竹内直行講師らのグループは、携帯ゲーム機を用い […]

北海道大学、夏場干上がった川に冬に1万匹の魚が戻ることを発見

 北海道大学大学院地球環境科学研究院小泉逸郎准教授らの研究グループは、夏場干上がった小さな支流に、4 […]

名古屋大学、4Kディスプレイ・太陽電池技術を再生医療に応用

名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻の馬場嘉信教授、湯川博特任講師らの研究グループは、鳥本司 […]

脂肪肝発症の新たなメカニズムを解明、予防法開発に期待 東北大学ほか

 東北大学の犬塚博之准教授らのグループは、高脂肪食の過剰摂取に起因する脂肪肝発症メカニズムを解明。米 […]

免疫細胞がつくる脂肪酸が慢性炎症を抑制、生活習慣病の新治療へ

 東京医科歯科大学の研究グループは、カリフォルニア大学、筑波大学、千葉大学、ソーク研究所との共同研究 […]

スマホは置いてあるだけでも注意を損なう、北海道大学と中京大学が実証

 北海道大学の河原純一郎特任准教授は中京大学の伊藤資浩氏と共同で、使用せずにそばに置かれている携帯端 […]

全国の一般国民の強度別身体活動時間が初めて明らかに 滋賀医科大学

滋賀医科大学アジア疫学研究センター長の三浦克之氏が研究代表者をつとめる厚生労働省研究班(指定研究)の […]
  1. 1
  2. 129
  3. 130
  4. 131
  5. 132
  6. 133
  7. 197