学生に学びを習慣づける「初年次教育」の工夫

本学は1967年、工業高校生が推薦で進学できる日本で唯一の大学として開学した。2018年には工学部1学部体制から改組を行い、現在は、機械工学科・電気電子通信工学科・応用化学科による基幹工学部、ロボティクス学科・情報メディア工学科による先進工学部、建築学科(建築コース・生活環境デザインコース)による建築学部と3学部6学科2コース体制となっている。

また、同時に共通教育である「初年次教育」の改革も行い、“やらないでは済まされない”環境をつくり、学生が理解できるまで勉強する習慣をつけるための「クォータ制」と「学習基盤科目」を導入した。これは(1)学習習慣や自学自習の定着、(2)経験や体験の強化、(3)大学での学びへの忍耐力の強化、を主眼とした取り組みだ。

 

小ゴールを連続して設定する「クォータ制」

まず「クォータ制」とは、学生個々の習熟レベルに沿った講義から始め、段階的に基礎力を身に付けさせるシステムである。

以前までは、工業科出身者用の工学発展コースと普通科出身者用の工学集中コースを用意し、入学後1年から1年半を高校時代の学修履歴を活かしたプログラムで実施してきた。しかし、工業科、普通科を問わず学生の多様化が進み、既定のコースでは対応しきれなくなったため、卒業学科を問わない新たなカリキュラムを設定したのである。

具体的には、プレースメントテストで学生一人ひとりの能力を把握し、工学の基礎となる「数学」、「物理」、「英語」では習熟度別クラスを編成した上で、1年を4期に分けて履修する。科目ごとに学びの質を保証する基準科目が必修として定められ、これは第4クォータまでに合格しなくてはならない。さらに、各レベルにその必修の下位科目の修得が条件となる「履修縛り」もある。


数学の場合、学生は入学直後のプレースメントテストに応じ、第1クォータで基礎数学I・基礎数学II・数学いずれかを履修する。必修科目は数学で、全員が第4クォータ終了までに修得しなければならない。

また初年度のクォータ科目を含め、各学年で進級条件に満たない学生は留年となる。わかるまで繰り返し学べるが“やらないでは済まされない”環境を提供することで、授業への集中力を上げ、学生一人ひとりの自己実現をめざす。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。