静岡県内唯一の私立理工系総合大学として独自の歩みを続けてきた静岡理工科大学。
教育方針は「研究が人を育てる」。
「研究力」とは「自らをぎすまし 学びをめ 人としてのをつける」ことであるとして、専門力と人間力を養うことで、地域の課題解決に貢献する人材を輩出してきました。
静岡理工科大学では、2017年の建築学科開設に続き、2022年には、理工学部に土木工学科(仮称)の設置を構想しており、理工学系主要分野をすべて揃えることで、さらなる飛躍を目指しています。
改革を主導される野口博学長は、建築がご専門ながら、東京大学や千葉大学では教育・研究環境の情報化を牽引されるなど、デジタルと建築、土木の融合に早くから取り組んでこられました。
野口先生に、新学科開設の背景、目的、展望等をお聞きしました。

デジタル革命で土木にも技術革新の波が

私が今、襟につけているのは、静岡県による「静岡どぼくらぶ」のバッチです。「土木love」(土木を愛する)と書かれていますが「ドボクラブ」とも読め、このバッチをつけることで、土木を愛する仲間、チーム土木の一員であることを表わしています。

大学における土木工学は、昭和30、40年代には高度成長を牽引役として人気を集めましたが、低成長時代には人気を失い、名称も都市基盤などと変更されるようになりました。ところが近年は、高度成長期に整備されたインフラの老朽化や、100 ~150年に一度と言われる南海トラフ地震、気候変動によるこれまで経験のない豪雨など、環境や状況は変わってきました。地元の高校生の間でも、巨大地震への危機感は共有されており、自分たちで防災、減災に向き合おうとの関心も高まっています。

一方、AI、ロボット、IoTに象徴される近年のデジタル革命は、土木工学にも技術革新をもたらしています。ドローンを使えば、人間の目では行き届きにくい場所の構造物の劣化、線路の損傷などを発見できますし、人手不足に対応する目的もあって、ロボットなどの開発も加速しています。近隣の浜松市では、足場を組まず、離れた場所からレーザでさび落としのできる仕組みを開発するベンチャーも出てきました。測量でも、樹木があっても地形のわかるグリーンレーザの開発も進んでいます。もちろん膨大な画像を集め、それをビッグデータとしてAIで解析する手法は、土木においても有効です。土木分野では、他分野に先んじて新しい技術の導入、活用が図られているのです。

※「土木の将来、静岡県の未来をともに考え土木の現場でつながる広いサークル(仲間)・・。静岡県の土木に関わる人みんながチームの一員という意識を持ち、この仕事に誇りを持ち、胸を張って仕事をすることを…サポートします。みんなの笑顔をつくり、ダイナミックな現場から土木の素敵を訴えかけるのが大切な役割です」(交通基盤部政策管理局建設政策課)とある。

 

今、なぜ土木工学科なのか?

このような時代の変化、ニーズの高まりを背景に、本学では2022年、理工学部に土木工学科の設置を構想しています。

構想概要
■設置学科/理工学部土木工学科(仮称)
■開設時期/2022年4月1日開設予定
■開設場所/静岡県袋井市豊沢2200-2
■入学定員/50名(予定)
※理工学部土木工学科(仮称)は、2022年4月1日の開設を目指して設置準備を進めています。学部学科の概要等は予定であり、今後の検討の結果、本概要を変更する場合があります。

 

本学が立地する静岡県は、東西に長く、海岸線と高い山々に挟まれ、大きな河川も流れており、防災は身近な課題です。東西交通の要所で、大規模災害が発生すれば、全国に影響が及びます。このことは、静岡県が防災教育にとって絶好のフィールドであることを意味しますが、これまで県内には、土木分野で防災・減災に係わりたいという人材を受け入れ、養成できる教育機関がありませんでした。土木技術者だけでなく、河川監視員も港湾監視員等も、これまでは、県外教育機関に頼らなければなりませんでした。県内の高校生を受け入れ、県内へ理工系人材を輩出することをミッションの一つに掲げてきた本学としては、土木全般をカバーする人材、技術者養成は急務であると考えたのです。

土木工学というストレートな学科名を予定しているのも、目指している教育が明確に伝わりやすいと考えたからです。今、土木を学び、技術を身につけるのは、単に歴史に残る構造物や、現代のインフラを残すためだけではありません。これからの防災・減災の在り方を考え、そのために最適な技術を身につける。あるいはスマートシティーに象徴される人々の生活の質を高める都市や地域を計画したり、自然環境との融合や、安全で快適な生活環境を考慮した社会基盤整備などに求められる理論や技術を学ぶということを、予めわかって入学してきてほしいのです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
静岡理工科大学

「研究」を通して「人間力」を育む大学。

本学の考える「研究力」とは、研究をコアとした経験を通して実社会で生き抜く「人間力」を育むことです。論理的思考、トライ&エラーを繰り返す忍耐力、そこから得られる成功体験や仲間と協調して物事を進める経験を通じて、学生一人ひとりを大きく成長させていきます。 「先[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。