がん研究の記事一覧

東北大学保有の「吉田肉腫」が未来技術遺産に登録 ガン研究に寄与 

 国立科学博物館が発表した令和2年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に、日本が世界をリー […]

がん細胞と神経の相互作用の解明に横浜市立大学などが成功

 横浜市立大学の高橋秀聡助教と米国MDアンダーソンがんセンターのDr. Moran Amitらの研究 […]

世界初、がんの起源となるヒト胃組織幹細胞の特定に金沢大学が成功

 金沢大学のニコラス・バーカー博士(がん進展制御研究所リサーチプロフェッサー)が率いる国際共同研究チ […]

がんの初期段階で変異細胞の排除を促進する「カルシウムウェーブ」を発見

 がんは細胞社会の一つの細胞に変異(ミューテーション)が生じることから始まる。北海道大学遺伝子病制御 […]

膀胱がんの犬の尿から膀胱がん組織を再現、東京農工大学が成功

 東京農工大学の臼井達哉特任講師らは、膀胱がん罹患犬の尿に含まれる微量ながん幹細胞から生体内の膀胱が […]

がん患者の生命予後予測が誰でも可能に? 筑波大学が新たな手法を開発

 進行がん患者の生命予後を、血液検査データ・心拍数・呼吸回数だけで高精度に推測する手法を、筑波大学の […]

東京大学、これまで知られていなかった新たな大腸がん発症メカニズムを解明

 東京大学医学部附属病院消化器内科の早河翼助教、坪井真代医師、小池和彦教授らは、大腸がんのもととなる […]

大腸がんは進化パターンを変化させて難治化することを発見 九州大学など

 九州大学の三森功士教授の研究グループは、東京大学、大分大学と共に、大腸がんの腫瘍内多様性の獲得原理 […]

卵巣がんが免疫細胞の攻撃を抑制するメカニズム 京都大学が解明

 卵巣がんは、婦人科がんの中で最も難治性の病と言われている。 近年、がん細胞が様々な方法で免疫細胞の […]

大腸がんの発症進展を抑制する新たな因子を発見 京都大学

 我が国において大腸がんは、女性では死亡率第1位、男性でも第3位を占め、その死亡者数は30年間で約3 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3