がん研究の記事一覧

がん患者の生命予後予測が誰でも可能に? 筑波大学が新たな手法を開発

 進行がん患者の生命予後を、血液検査データ・心拍数・呼吸回数だけで高精度に推測する手法を、筑波大学の […]

東京大学、これまで知られていなかった新たな大腸がん発症メカニズムを解明

 東京大学医学部附属病院消化器内科の早河翼助教、坪井真代医師、小池和彦教授らは、大腸がんのもととなる […]

大腸がんは進化パターンを変化させて難治化することを発見 九州大学など

 九州大学の三森功士教授の研究グループは、東京大学、大分大学と共に、大腸がんの腫瘍内多様性の獲得原理 […]

卵巣がんが免疫細胞の攻撃を抑制するメカニズム 京都大学が解明

 卵巣がんは、婦人科がんの中で最も難治性の病と言われている。 近年、がん細胞が様々な方法で免疫細胞の […]

大腸がんの発症進展を抑制する新たな因子を発見 京都大学

 我が国において大腸がんは、女性では死亡率第1位、男性でも第3位を占め、その死亡者数は30年間で約3 […]

膵がんが段階的に悪性化する仕組みを解明 慶應義塾大学

 慶應義塾大学の佐藤俊朗准教授らの研究グループは、39例のヒト由来の膵がん細胞を体外で効率的に増殖さ […]

ヒトの正常大腸上皮をマウスの腸内で再現、大腸がん治療に期待 慶應義塾大学

 慶應義塾大学の佐藤俊朗准教授らの研究グループは、ヒトの正常な大腸粘膜から培養した組織幹細胞をマウス […]

100年来の謎、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明 慶應義塾大学など

 慶應義塾大学の曽我朋義教授らの研究グループは、香川大学、国立がん研究センター、愛知県がんセンター研 […]

世界で初めて受精卵のエピゲノム編集に成功、遺伝子治療への応用期待 近畿大学など

 近畿大学、北里大学、東京工業大学の研究グループは、「エピゲノム編集技術」によりマウス受精卵にDNA […]

正常細胞ががん細胞を排除する仕組みを解明、新規治療法の可能性 京都大学

 京都大学の井垣達吏教授らの研究チームは、Sasと呼ばれる細胞表面タンパク質ががん細胞の排除に必要で […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3