今春卒業した大学生の就職率が4月1日現在で前年同期より0.3ポイント高い97.6%となり、調査を開始した1997年卒業以来の最高を記録したことが、文部科学、厚生労働両省のまとめで分かった。両省は景気回復で企業の採用意欲が上がるとともに、求人数の増加で雇用のミスマッチが減ったためとみている。

 調査は両省が抽出した国公私立大学、短期大学、高等専門学校、専修学校専門課程合わせて112校の6,250人を対象に面接や電話で聞き取り調査した。

 それによると、大学生の就職率上昇は6年連続で、過去最高の更新は2年連続。このうち、国公立大学の就職率は97.3%(前年同期比0.2ポイント増)、私立大学は97.7%(同0.3ポイント増)となった。
男女別でみると、男子が96.9%(同0.2ポイント増)、女子が98.4%(同0.4ポイント増)。国公立大学では男子97.1%、女子97.4%、私立大学では男子96.8%、女子98.7%を記録している。
文系の就職率は97.3%(同0.2ポイント増)、理系が98.7%(同0.5ポイント増)。地域別では関東地区が最も高く、98.8%(同0.9ポイント増)だった。

 このほか、短期大学は97.0%(同0.4ポイント減)、高等専門学校は100%(前年同期と同じ)、専修学校専門課程は97.5%(同0.1ポイント増)となっている。

参考:【文部科学省】平成28年度大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。