豊橋技術科学大学情報・知能工学系中内茂樹教授と花王株式会社スキンケア研究所との共同研究グループは、紫外線を使用した画像を解析することで、簡便で定量的に紫外線防止効果を評価する新たな手法の開発に成功した。

 現在、サンスクリーン剤の紫外線防止効果は、ISO(国際標準化機構)が定めた測定法に従って算出されているが、サンスクリーン剤を塗った後に汗や摩擦の影響でその効果が低下する場合がある。このため、実際の使用場面での紫外線防止効果の測定が必要だと考えられてきた。

 そこで、本研究では、新しい紫外線防止効果の評価手法として紫外線分光画像計測技術を開発した。この技術は、サンスクリーン塗膜から反射した紫外線を検出することで、サンスクリーン塗膜がどの程度多くの紫外線を吸収できたかを判断する方法である。

 本評価法を利用して、実際にサンスクリーン剤塗布による紫外線防止効果の変化を調べたところ、活動時間経過とともに紫外線防止効果が低くなり、またその低下も均一ではないことが分かった。これは、サンスクリーン剤の塗膜が活動により経時的、部分的に変化したためであると考えられる。さらに、様々な使用シーンで紫外線防止効果の持続性を検討したところ、イスにもたれる程度の摩擦でも、顕著に紫外線防止効果の低下が観察された。従って、サンスクリーン剤の効果を持続させるためには、摩擦に対する耐久性が非常に重要であることが示された。

豊橋技術科学大学

多文化共生・グローバルキャンパスを実現し、世界に通ずる技術科学大学を目指す。

技術科学の教育を通じて、豊かな人間性、グローバルな感性及び自然と共生する心を併せ持つ先導的な実践的・創造的技術者・研究者を育成します。 次代を切り拓く技術科学の研究と地域社会との連携を強化し、これらを通じて、世界に開かれたトップクラスの工科系大学を目指します[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。