東京福祉大学保育児童学科2年の長岡芽以さんが、2018年9月に韓国で開催される「第18回アジアローラースポーツ選手権大会」への出場を決めた。

 ローラーシューズに憧れて小学生で競技を始めた長岡さん。大学ではテニスサークルにも所属しており、早朝や空きコマを利用して勉強するなど学業とローラースケートの激しい練習を両立、ジムでのトレーニングを含め週5日以上練習に励んでいる。 

 長岡さんは、2018年4月に開催された「第65回全日本ローラースケートスピード選手権大会」で、スピード4種目(500m・1,000m・10,000mポイントエルミネーションレース・15,000mエルミネーションレース)に出場し、すべての種目で銅メダルを獲得した。自己ベスト更新はならなかったが、続く2018年5月19・20日には、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場で行われた「第16回日本インラインロードレース選手権大会」でもスピード4種目(100m・1周スプリントレース・10,000mポイントレース・20,000mエルミネーションレース)すべてで銅メダルという好成績を収めた。

 5月の大会は「2018年世界選手権代表選手・アジアンゲームス代表選手選考会」も兼ねており、9月に韓国・南原市で開催される「第18回アジアローラースポーツ選手権大会」へ日本代表として出場することが決定した。

 苦手なスタート練習やフォームの修正、食事制限など日々調整を行い、持久力をつけるために10,000m滑るなど、大会へ向け、入念な準備をしてきた努力が実を結んだ。「滑っている時に感じる風がとても気持ちいいです。周りの景色を見ながら滑るのがとても楽しい」と長岡さんは語る。

参考:【東京福祉大学】本学在学生がローラースケートでアジア大会出場決定!

東京福祉大学

アクティブ・ラーニングで楽しく学べる!学生参加型の授業で力を伸ばす。

本学では2000年の開学当初よりアクティブ・ラーニングを実践しています。授業は学生参加型・対話型のスタイルが中心。各学部の教育目標に沿った知識を分かりやすく学ぶことができます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。