筑波大学、北海道大学、九州大学、東北大学、理化学研究所の研究グループは、ヒトが脳内でイメージ操作するときに、シータ波とアルファ波という異なる周波数の脳波リズムの位相差(注)が情報の振り分けを行っていることを、脳波データ解析及び数値シミュレーションを用いて発見した。

 ヒトは様々な状況下で多様な情報から必要な情報を柔軟に選択し、思考できる。これを作業記憶と呼び、この脳メカニズムを理解することは脳型コンピュータの実現に重要だ。そこで今回、その基礎研究として視覚と聴覚作業記憶に関わる脳メカニズムを検討した。これまで、作業記憶時に活動する脳部位間に様々な周波数の脳波リズムで同期するネットワークが存在するという報告はあったが、これらの脳波リズム間のメカニズムは不明だった。

 今回,視覚作業記憶課題(PCディスプレイ上の図形を使ったイメージ操作)と聴覚作業記憶課題(イヤホンを使用した暗算)を行った時の脳波を測定し、両課題時の脳波解析結果を比較検討した。

 その結果、両課題とも前頭のシータ波とアルファ波の位相が同期することが判明。しかも興味深いことに、視覚と聴覚作業記憶課題ではこのシータ波とアルファ波との間には位相差があることがわかった。さらに数理モデルの作成およびその数値シミュレーションによって、2つの作業記憶課題時における位相差は作業記憶課題時に重要な働きをしていることがわかった。

 これにより、脳内の情報処理は、これまで知られてきたような脳部位と脳波リズムの組み合わせで達成されるだけでなく、脳波リズムの位相差も情報を持ちうることを示し、情報処理の限界を広げる可能性を初めて示したものという。

(注)位相とは、波は周期的に振動を繰り返すが、1周期の間でどのタイミングにあるかを表す量。2つ以上の波ではその位相がぴったりそろうこともずれることもある。このずれを位相差と呼ぶ。

筑波大学

学際融合・国際化への挑戦を続け、知性と人間性を備えた人材を育成

学問文化の薫り高い国際都市、筑波サイエンス・シティの中核となる緑あふれる筑波大学。現在の教育体制は9学群・23学類、全ての分野から専門導入的な科目を履修することができ、創造的な知性と豊かな人間性を備えることをめざしています。師魂理才をもって、地球規模課題の解決[…]

東北大学

イノベーションの源泉となる優れた研究成果を創出し、次世代を担う有為な人材を育成

東北大学は、開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念及び「実学尊重」の精神を基に、豊かな教養と人間性を持ち、人間・社会や自然の事象に対して「科学する心」を持って知的探究を行うような行動力のある人材、国際的視野に立ち多様な分野で専門性を発揮して指導的[…]

北海道大学

産業界や地域との連携を強固に「北海道大学ならではの実学」が世界をリード

北海道大学の起源は、1876年に設立された札幌農学校に遡る。長い歴史の中で、「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」及び「実学の重視」という基本理念を掲げ、培ってきました。 この理念の下に国際的に通用する高度な学問的素養をもち、的確な判断力とリーダ[…]

九州大学

世界へ羽ばたき飛躍する。グローバル社会で活躍するリーダーを育成

110周年を迎えた九州大学は、12学部18学府(大学院・教育組織)を擁する総合大学。2018年から高大接続から学部教育・大学院教育、研究者育成を一貫性のある取り組みとした持続的人材育成プラン「九州大学ルネッサンスプロジェクト」を実施し、優秀な学生と卓越した研究[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。