研究成果の記事一覧

世界初の標高ビッグデータ、津波リスク予測や地下資源探索などへ応用が期待

 京都大学大学院情報学研究科の佐藤彰洋特定准教授らは、宇宙システム開発利用推進機構と株式会社MM総研 […]

「食べよう、いや、やめよう」は無意識に脳が決めている 大阪市立大学

 大阪市立大学の研究グループは、無意識下で食品画像を提示するだけで交感神経系が興奮し、さらにこの興奮 […]

ひきこもり傾向と相関する血中物質を発見 九州大学など

 九州大学らの研究グループは、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見したことを発表した。

世界で初めて骨の無機成分と同じ組成の人工骨を開発、歯科用インプラント治療へ

 九州大学大学院歯学研究院の石川邦夫教授、株式会社ジーシー開発管理責任者の熊谷知弘研究所所長らは、骨 […]

カムチャッカ半島産の鉱物中に量子ビット 東京理科大学が発見

 東京理科大学の藤原理賀助教らの研究グループは、カムチャッカ半島のトルバチク火山で発見された鉱物を実 […]

東京大学、「まちの保育園・こども園」と連携協定

 東京大学大学院教育学研究科とナチュラルスマイルジャパン(東京、松本理寿輝社長)が運営する「まちの保 […]

民間から大学への研究費、初めて800億円を突破

 大学が民間企業から受け入れた研究資金が2016年度、初めて800億円を突破したことが、文部科学省の […]

乳児期の「エピゲノム記憶」が成人期の肥満に関連、東京医科歯科大学などが仕組みを解明

乳児期の母乳成分により、糖脂質代謝改善作用を有するFGF21遺伝子がDNA脱メチル化を受けること、い […]

成蹊大学とNTT コミュニケーションズ 学習環境を最適化する実施実験を開始

 成蹊大学とNTTコミュニケーションズ株式会社は、2017年4月に開始したIoT技術を用いた環境モニ […]

東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低消費電力化でIoT加速

 東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らの研究グループは、デジタル化により世界最小電力で動作する […]
  1. 1
  2. 133
  3. 134
  4. 135
  5. 136
  6. 137
  7. 313