理化学研究所、首都大学東京、大阪大学などの国際共同研究グループは、最新鋭気象レーダを生かした「3D降水ナウキャスト手法」を開発し、30秒毎に更新する10分後までの降水予報のリアルタイム実証を開始した。

 降水分布の予測手法として「降水ナウキャスト手法」が知られている。これは気象レーダがとらえる降水パターンの動きを追跡し、将来もそのまま動き続けると仮定して予測するものだ。この手法の利点は、シミュレーションと比べて計算量が大幅に少ないことだが、欠点は予測精度が急速に低下することと、平面上の降水パターンを追跡するため雨粒の鉛直方向の動きを考慮しないことだ。

 最新鋭の「フェーズドアレイ気象レーダ」(大阪大学に設置)は、30秒毎という高頻度で60km遠方までの雨粒を隙間なくスキャンできる。このレーダのビッグデータを降水予報に生かすため、国際共同研究グループは観測された雨粒の立体的な動きをとらえ、将来もそのまま動き続けるという仮定の下で予測する「3D降水ナウキャスト手法」を開発。さらに、リアルタイムに予測を実行するシステムを構築し、世界初となる30秒更新10分後までの降水予報のリアルタイム実証を開始した。この降水予報は、気象庁の許可を得て、理研がインターネット上で可能な限り発表する。

 2016年には、スーパーコンピュータ「京」とフェーズドアレイ気象レーダを生かした「ゲリラ豪雨」予測手法を開発し、リアルタイムではないが30分後までの高精細なゲリラ豪雨の予測にも成功している。今回の短時間予測手法とあわせて、将来、これまで想像もつかなかったような超高速かつ超高精細な天気予報が可能になると期待される。

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

首都大学東京は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。