小笠原諸島の森林には、本来、落葉の下に無数のワラジムシ類とヨコエビ類が生息し、森の分解者として豊かな土壌を育む重要な役割を果たしていた。ところが1980年代以降、これらの土壌動物は急速に姿を消し始めた。まず父島で減少が始まり、今ではほとんどその姿を見ることができなくなった。次いで母島でも、大半の地域で激減した。

 東北大学大学院生命科学研究科の篠部将太朗氏(修士課程1年)らは、実験と野外調査から、長年謎となっていたこの奇妙な土壌動物の「集団失踪事件」の犯人が、1980年代初めに小笠原に侵入した外来生物、陸生ヒモムシの一種であることを突き止めた。

 陸生ヒモムシの食性を調べた実験では、ワラジムシ類、ヨコエビ類、クモや昆虫などの節足動物を広く捕食することがわかった。また、母島の調査からは、陸生ヒモムシの侵入地点でワラジムシ類とヨコエビ類がほぼ全滅、土壌中の節足動物全体も激減していることがわかった。母島南部では陸生ヒモムシの分布域が徐々に南に拡大しているが、土壌節足動物の乏しいエリアもそれに同期して南に拡大していることもわかった。今のところこれを抑止する手段はなく、母島の土壌生態系は遠からず壊滅するものと予想されている。

 外来陸生ヒモムシが生態系に大きなダメージを与えていることが示されたのはこれが世界で初めて。外来生物の侵入が生態系に及ぼすリスクを事前に正確に予想することは困難であることを明らかにする結果となった。小笠原では、父島と母島以外の島への陸生ヒモムシの侵入状況が不明なため、緊急にその分布調査と、未侵入の島への拡散防止対策を実施する必要があるとしている。

論文情報:【Scientific Reports 7】Declining soil Crustacea in a World Heritage Site caused by land nemertean

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。