筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構のミハエル・ラザル准教授らの研究グループは、モチベーション(やる気)に関与する脳部位である側坐核が睡眠覚醒を制御することを初めて発見した。

気持ちが高ぶっている時や何かに没頭している時は眠気を忘れることが多く、反対に、刺激がなく退屈な状況では眠気を感じることは、誰もが経験するだろう。つまり、睡眠不足や体内時計などの生理的な欲求とは別に、感情や認知的要因も睡眠覚醒行動に影響を与えることが分かっている。両者はそれぞれ別のメカニズムにより調節されていると考えられてきたが、その脳内のしくみについては全く明らかになっていなかった。

同研究グループは、今回、マウスを用いた一連の実験により、睡眠覚醒における側坐核の機能を解析した。その結果、側坐核の特定のニューロンを選択的に活性化すると、睡眠が強く誘発され、抑制すると逆に覚醒量が増加することが分かった。長期覚醒させてもこのニューロンの活動に変化はなかったが、好物の食ベ物や異性のマウスなど、モチベーションを上げる出来事が起こるとニューロンの活動が低下し、覚醒に至ることが分かった。従って、このニューロンの活動は、睡眠覚醒制御に重要であり、特にモチベーションに応じて調節されることが明らかとなった。

論文情報:【Nature Communications】Slow-wave sleep is controlled by a subset of nucleus accumbens core neurons in mice

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。