早稲田大学が産学連携拠点として活用する新研究開発センターの第1期工事起工式が、東京都新宿区早稲田鶴巻町の早稲田キャンパスであった。新センターは2020年4月の完成予定で、産学連携研究のほか、学際融合研究の拠点となる。

 早稲田大学によると、建設場所は120-2、3、4号館跡。起工式では鎌田薫総長ら大学、工事関係者らが出席する中、鎌田総長がくわ入れした。

 新センターは7,930平方メートルの敷地に立つ鉄筋コンクリート一部鉄骨地下2階、地上6階建て延べ約1万8,600平方メートル。高さ約30メートルで、免震構造で建築される。大学の研究室のほか、企業と大型コンソーシアムを展開する産学連携研究推進拠点が置かれる。

 最先端の実証実験を進められる機能を持たせるだけでなく、1階フロアには研究で創出された技術や成果を対外的にアピールするショールームを設置する。将来は人文・社会科学系、理工学系という各学域内にとどまらない学際融合研究も展開する。2期工事以降で施設の拡充を進め、最終的には延べ床面積約3万平方メートルとする計画。

 早稲田大学は中長期計画「早稲田ビジョン150」で独創的な研究と国際発信力の強化を打ち出している。これを実現するためには研究組織や支援体制の強化とともに、研究施設の整備、拡充が不可欠として新センターの建設を決めた。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。