千葉大学工学研究院電気電子工学コースの伊藤智義教授、下馬場朋禄准教授らのグループは、独自の計算機システムを開発し、ビデオホログラフィの実用化の可能性を示すことに成功した。この成果は、英科学誌「Nature Electronics」の4月号に掲載され、3次元の再生画像が同号の表紙を飾った。

 ホログラフィが誕生してから70年経過するが、今もなお、動画ホログラフィは実用化していない夢の技術である。この夢の実現に不可欠なのは、ホログラフィ計算の高速化であるが、劇的な性能の向上をみせている現在のコンピュータでも歯が立たず、ホログラフィを自在にデジタル処理するためには、今後さらに20年を要するとも言われている。

 そういった状況の中、今回、本研究グループは、ホログラフィ専用のコンピュータを開発し、現在のコンピュータが有する計算パワーでも動画ホログラフィが可能になることを示した。専用計算機の名前はHORN-8で、伊藤教授が25年前から開始した高速ハードウェア開発計画「HORNプロジェクト」の8番目の試作機だ。ホログラフィ研究分野において、高速計算では千葉大学は世界的な拠点の一つになっており、その象徴がHORNである。ホログラフィは並列計算に非常によく適合することから、本機は専用回路を多数並列化することで今回の研究成果を出すことに成功した。

 今後、さらにHORNプロジェクトが進むことで、ホログラフィ映像システムが実用化され、将来的に3次元テレビの実現が期待される。

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。