帝国データバンクは、2018年6月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)から企業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長出身大学データを抽出。27万4570人の社長の出身大学をランキング形式で集計。社長の出身大学トップは日本大学だった。

 調査によると、社長の出身大学トップは「日本大学」(2万1148人)。次いで「慶應義塾大学」(1万903人)、「早稲田大学」(1万283人)、「明治大学」(8894人)、「中央大学」(7,709人)となった 。また、国公立大学のトップは「東京大学」(2579人)の20位、続いて、「京都大学」(1820人)の29位だった。

 上場企業社長の出身大学別ランキングでは、トップが「慶應義塾大学」(260人)、次いで「東京大学」「早稲田大学」(172人)が同数、「日本大学」(81人)、「京都大学」(79人)だった。年商規模別に見ると、年商「10億円未満」と「10億~50億円未満」では「日本大学」が最多。「50億~100億円未満」「100億~ 500億円未満」「500億円以上」では「慶應義塾大学」が最多となった。「年商500億円以上」のトップ5は、1位の「慶應義塾大学」に続き、2位「東京大学」、3位「早稲田大学」、4位「京都大学」 、5位「日本大学」「中央大学」だった。

 社長の年代別に見ると、「40歳未満」では「慶應義塾大学」が最多。「40代」から「70代」では「日本大学」、「80歳以上」では「早稲田大学」が最多となった。女性社長の出身大学1位は「慶應義塾大学」2位「日本大学」3位「早稲田大学」4位「青山学院大学 」5位「日本女子大学 」だった。

参考:【帝国データバンク】全国社長出身大学分析(2018年)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。