神戸大学工学研究科の芥川真一教授が提唱する安全管理対策「On-Site Visualization計測技術(OSV)」に基づいたモニタリング業務が、JICA(独立行政法人国際協力機構)の「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」としてインドネシア・ジャカルタ市内の地下鉄工事現場で実施された。

 OSVは、芥川教授が開発した工事現場などの安全度をその場で確認する技術。建設現場の壁や柱に、発光ダイオードを内蔵した計測装置を取り付け、細かな異常や傾きなどを計測し、青色は「異常なし」、黄色・赤色は「崩落などの危険性あり」のように、危険度を信号機のように色で表示する。色によって危険度が示されるため、識字率の低い途上国においても認識しやすい。

 今回のプロジェクトには、OSV技術の普及促進に取り組んでいる鹿島建設、西松建設など産学連携のOSV研究会から複数の民間企業も参加。ジャカルタ市内中心部で建設中の地下鉄沿線の3現場で、期間限定でOSVに基づく安全管理を実施した。また、その成果を発表するセミナーも開催し、施工主のジャカルタ地下鉄公社  (Jakarta MRT)からは「安全管理レベルの向上が期待できる」と高い評価を得たという。

 発展途上国では、土木工事の増加にともない事故の件数も年々激増し、安全管理の重要性が増している。芥川教授は「異分野のノウハウを結集して、安全・安心の向上を目指すヒューマン・ネットワークを構築したい」と話している。

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。