東京藝術大学は、全国の中学生を対象とした早期英才教育の特別コース「東京藝大ジュニア・アカデミー」を、2017年度に新設すると発表した。同時に、音楽産業界とタイアップした学生演奏音源のデジタル・ストリーミング配信等の「グローバルプロモーションシステム」も新たに構築、実施する。

 東京藝術大学は、音楽分野における「早期教育」の有効性を重視し、文部科学省「国立大学機能強化事業」として「早期教育プロジェクト」を全国各地で展開してきた。さらに高校2年生からの飛び入学を起点とした「スペシャルソリスト プログラム」として学部3年間での早期卒業・海外留学等に着手したほか、2016年度から文部科学省「スーパーグローバルハイスクール」に指定された附属音楽高校でも、大学との接続を踏まえたカリキュラム改編を進めている。

 今回の「東京藝大ジュニア・アカデミー」はこれらの動きを加速する取組みで、中学生を対象とした早期英才教育コースを新設することで、早期教育システムを継続的、体系的に進化させ、将来的には「小中高大一貫型」の人材育成システムへの発展を目指す。国内では初の試みで、国立大学のミッションとして世界トップアーティストを戦略的に育成する先駆的な試みとなっている。

 また、「グローバルプロモーションシステム」は、若手音楽家の国際舞台への挑戦が必要不可欠な状況の中で、サポートシステムが整っていない状況の改善を目指す動き。個人のセルフプロデュースに依存せざるを得ない現状を踏まえ、国内の音楽大学では初めて、ワーナーミュージックジャパンをはじめとする音楽産業やメディアなどとタイアップし、大学在学中における学内オーディション、演奏音源のデジタル発信などのプロモーションシステムを構築していくという。

東京藝術大学

国内外問わず活躍する芸術家、音楽家を輩出し、藝術教育研究の中枢を担う、唯一の国立総合芸術大学。

東京藝術大学は1949(昭和24)年に明治に設立された東京美術学校と東京音楽学校が前身となって設立されました。東京美術学校と東京音楽学校までさかのぼれば120年以上の歴史を持っています。その長い歴史の中で多くの知識や技術を蓄積し、多岐にわたる人材を輩出し続けて[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。