東京大学と横浜銀行などは、トランザクションレンディングに向けた産学連携コンソーシアムを設立した。中小企業や個人事業主が資金面で安心して事業に取り組める金融サービスの提供に向け、ビジネスモデルを検討する。

 横浜銀行によると、トランザクションレンディングとは、決済代行サービスやクラウド家計簿、会計ソフトを提供する企業が、小売店や電子商取引事業者に対し、銀行口座やクレジットカードの取引情報、決算情報、商品の仕入れ、販売状況などから審査し、融資するサービスを指す。

 今回のコンソーシアムでの検討を通じ、月次の決算情報、試算表をはじめとする財務データにAI(人工知能)や統計学を活用した新しい審査モデルを構築し、即日か翌日に融資可能となる商品の開発を進める。

 コンソーシアムの参加企業は、横浜銀行のほか、シンクタンクの浜銀総合研究所、クラウド経営支援ツールを運営するココぺリインキュベートなどベンチャー3社。東京大学大学院経済学研究科・東京大学経済学部の柳川範之教授、先端科学技術研究センター森川博之教授がオブザーバーとして参加する。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。