東京藝大は、高校2年終了で入学する飛び入学制度と、大学を3年で終える早期卒業制度を組み合わせた新しい育成プログラムを2016年度から音楽学部に導入します。20歳で卒業することによって、卒業後に海外の音楽大学に留学しやすくするのが狙いです。大学はクラシック音楽の国際舞台で活躍する一流アーティストを育てたいと意気込んでいます。

 対象となるのは、音楽学部器楽科のバイオリン、チェロの弦楽専攻とピアノ専攻。一流音楽家が審査に加わる実技試験と面接、国際コンクールの入賞歴などから若干名を選抜します。入学金と初年度の授業料が免除され、成績が優秀なら翌年度以降も授業料免除となるうえ、演奏会に参加する旅費などに特別奨学金が支給されます。入学後は個人レッスンの時間が通常の2倍以上になるほか、海外で演奏する機会や一流音楽家の特別レッスンを優先して受けることができます。選抜試験と合格発表は11月に予定されています。

 国際舞台で活躍するクラシックの一流音楽家になるには、フランスのパリ国立高等音楽院やドイツのベルリン芸術大など海外の名門音楽大学に留学することが早道です。しかし、日本と海外の音楽大学の学生交流制度が十分に機能しておらず、海外音楽大学の多くが入学に年齢制限を設けていることから、大学を休学したり中退したりして留学するしか方法がありませんでした。また、才能を持ちながら経済的な理由で音楽の道を10代後半で断念するケースも増えているため、この新しい育成プログラムに大きな期待が集まりそうです。

出典:【東京藝術大学】音楽学部における「飛び入学」及び「スペシャルソリストプログラム(SSP)」並びに「早期教育プロジェクト(EEP)」の実施について(PDF)

東京藝術大学

国内外問わず活躍する芸術家、音楽家を輩出し、藝術教育研究の中枢を担う、唯一の国立総合芸術大学。

東京藝術大学は1949(昭和24)年に明治に設立された東京美術学校と東京音楽学校が前身となって設立されました。東京美術学校と東京音楽学校までさかのぼれば120年以上の歴史を持っています。その長い歴史の中で多くの知識や技術を蓄積し、多岐にわたる人材を輩出し続けて[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。