英国企業の管理職が直感的な認知スタイルを持つのに対し、日本企業の管理職は合理的であることが、東北大学加齢医学研究所の杉浦元亮教授らの研究で明らかになった。日本企業の管理職は職階が上がるにつれ、合理的な認知スタイルを強めており、職階の上昇とともに直感的な傾向が強まる英国と正反対の結果を示している。

調査は民間企業に勤める日本人ビジネスマン1,533人が対象。職階を経営管理者層の上級管理職、各部門長ら中級管理職、主任クラスの下級管理職、従業員に分けたうえで、年齢、性別を含めて計32の枠を設け、それぞれ約50人ずつサンプル調査した。

それによると、日本人管理職は職階が上がっても直感的な認知スタイルに変化がなかったのに対し、合理的な傾向が上昇していた。欧米などの先行研究では、英国人管理職に職階の上昇で直感的な傾向が強くなることが分かっているだけに、日本の管理職の認知スタイルに独特の傾向があることがあらためて確認された。

研究グループは、日本の管理職は合理的な傾向があるため、分析的に思考して計画を立てるのが得意で、それを着実に実行することに長けているが、実行すべきアイデアやイノベーションを発想するのを苦手としているとみている。

論文情報:【Frontiers in Psychology (Section: Organizational Psychology) 】Relationship of Cognitive Style and Job Level: First Demonstration of Cultural Differences

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。