東京工業大学ロボット技術研究会のチームMaquinista(マキニスタ)は、「アジア・太平洋ロボットコンテスト2017東京大会」に日本代表として出場。初出場ながらベスト4に入り、敢闘賞を受賞した。

 「ABUロボコン」は2002年から開催されているアジア・太平洋地域の大学が参加するロボットコンテスト。毎年競技内容は異なり、日本が主催国となった2017年は、日本の伝統遊戯である投扇興(とうせんきょう)※をモチーフにした「The Landing Disc(ザ ランディング ディスク)」というテーマで競技が行われた。

 競技は2チームによる3分間の対戦形式で、各チームのロボットが50枚を上限とする柔らかいディスクをフィールドに置かれた高さや距離が異なる7つのスポットに飛ばし、乗せていくというもの。試合時間内にスポット上にあるボールを落とし、7つのスポットすべてにディスクを乗せられれば、「APPARE(あっぱれ)!」といって、その瞬間勝利となる。

 予選リーグには18ヵ国・地域から19チームが参加し、東京工業大学は予選2位で通過。準々決勝ではネパールのトリブバン大学に勝利したものの、準決勝で大会5連覇中のベトナム代表・ラクホン大学と対戦し、惜しくも敗退した。その結果、初出場ながらベスト4となり敢闘賞を受賞。ラクホン大学が6度目の優勝を飾った。

 初出場ながら健闘したチームMaquinista代表の山田泰基さんは「大会前日のテストランの走りから見ると、よくぞチームメンバーが対応できたと思います。世界大会の壁の高さを痛感できましたし、後輩にはこれを糧に来年もまずNHK学生ロボコンで優勝して欲しいです」とコメントした。今回のコンテストの模様は2017年9月18日10:05~NHK総合テレビにて放送される予定。

※投扇興とは、扇子を投げて、台の上に立てられた的を落として点数を競う日本の伝統的遊戯。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。