2015年6月6日、耐震改修工事でリニューアルした東京学芸大学附属図書館の1階入口に大学と地域の交流を目的としたベーカリーカフェ「note cafe(ノートカフェ)」がオープンしました。

note cafeロゴ(出典元より引用)

note cafeロゴ(出典元より引用)


カフェの企画・運営は、地域に密着した創業支援や地域活性に取り組む地元企業「株式会社タウンキッチン」が地域連携を推進する同大学と協働し行います。地域住民や一般の人も利用することができ、平日の夜や定休日には、公開講座やトークイベントを開くなど、大学と地域の垣根を越えた多様な人と情報が行き交う“創造的な学びの場”として活用します。

カフェの名にある「note」という言葉には、心に留める、気付くなどの意味があり、「note cafe」には、未来の地域社会に活きるアイデアや知恵が綴られる新しいスタイルのカフェになりたいという思いが込められています。

店内では、オーブンで焼いた自家製パンや地元店から仕入れた豆を使ったブレンドコーヒーなど地元食材や商品を使った地産地消のオリジナルメニューが提供されます。看板メニューの自家製カスタードクリームパン(税抜180円)には、地元の府中市で遺伝子組み換えのない餌とマイナスイオン水で育てられた鶏のうみたて卵が使われています。
また、店内の壁一面には、たて約2m×横4mの書き込みやマグネットでの掲示が可能なホワイトボード「note map」が設置され、近隣大学や店などの地域情報も発信しています。

今後の展開として、カフェを拠点にした大学の教育研究成果の発信やワークショップの開催などを通して地方創生につなげていくことも構想しています。「note cafe」の営業時間は10時~18時30分。日曜・祝日が定休日です。

出典:【東京学芸大学】『note cafe』東京学芸大学内にOPEN

東京学芸大学

幼稚園から大学まで有為の教育者の養成を目指した、教員養成の伝統大学。

東京学芸大学は、1949(昭和24)年に東京にある東京第一師範学校,東京第二師範学校,東京第三師範学校,東京青年師範学校の4つの師範学校を統合して創設されました。単科大学ではありますが、幼稚園から大学までの幅広い教員養成を目的とし、扱う領域は人文、社会、自然、[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。