九州大学らの研究グループは、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見したことを発表した。

 ひきこもりとは、就学・就労などの社会参加を回避し、半年以上に渡り家庭に留まり続けている状況を指す。ひきこもり者は15歳から39歳に限っても50万人を越えており、少子高齢化を迎えている日本においてその打開は国家的急務となっている。

 同グループはこれまでの研究で、ひきこもり者の多くが精神疾患(特に回避性パーソナリティ障害)を併存していることを見出した。近年、多くの精神疾患でその生物学的基盤が明らかになりつつあり、ひきこもりに関しても生物学的影響が示唆されている。そこで今回、ひきこもりに関連する生物学的基盤を探索するために、ひきこもり者と非ひきこもり者の血中物質の比較および対人関係における行動特性との相関分析を行った。

 その結果、男性のひきこもり者は健常者と比べて尿酸値が有意に低く、HDLコレステロール値が低い人ほどひきこもり回避傾向を有していた。逆に、尿酸およびHDLコレステロール値が高い人ほど、相手の信頼に基づく協調行動をとる傾向が見出された。

 女性のひきこもり者でも、健常者と比べてHDLコレステロール値が有意に低かった。また、高感度CRPの値が高いほど相手を信頼しなくなる傾向と、FDP(フィブリン分解産物)の値が高いほどひきこもり回避傾向を認めた。
本研究は、心理社会的側面以外に、血中の尿酸・HDLコレステロールの低値や高感度CRP・FDPの高値といった生物学的因子がひきこもり傾向と関連する可能性を示唆する初めての報告となった。今後、ひきこもりの病態解明や、ひきこもりの予防・治療法開発に貢献することが期待されている。

論文情報:【Scientific Reports】Blood biomarkers of Hikikomori, a severe social withdrawal syndrome

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。