神戸大学大学院人間発達環境学研究科の林創准教授が幼児と大人を対象に平等な分配に対する好みを調べたところ、同じだけもらうより持っている量が同じになるよう分配することを好む傾向にあることが分かった。

 調査は5~6歳の幼児24人と大学生34人を対象に、参加者と人形2体の間でビー玉の分配方法を、事前に持つ量を変えたり、同じだけもらうと参加者の取り分を少なくしたりするなど条件を変えながら実施。同じだけもらうのと持っている量が同じになる分け方のうち、どちらかを選んでもらった。

 それによると、すべての分け方で持っている量が同じになる分配方法を選んだ人が50%を超えた。林准教授は人間の多くは平等な分配というときに、持っている量が同じになる方法を好むことが明らかになったとみている。

 人は幼児のころから、平等な分配を選ぶ傾向にあることが先行調査で分かっているが、平等な分配が同じ量だけ分配することを指すのか、持っている量が同じになるよう分配することを意味するのかは、これまではっきりしなかった。

 物資の分配は全員が何も持っていない状態から始まることが少なく、一部の人が何らかの物資を持つ状態で行われることが多い。林准教授は行政やコミュニティなどが物資を分配する際、全員が同じ量を持つことにならないこともあるため、分配する側がそれなりに説得力を持つ説明を用意する必要があるとしている。

論文情報:【European Journal of Developmental Psychology】Preference for distribution by equal outcome in 5-and 6-year-old children

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。