中央大学研究開発機構の山田泰之氏が開発した、疲れにくいハイヒール“YaCHAIKA”が、第10回ジェームズダイソンアワードの国内2位作品に選出されました。ヤチャイカは、ファッション性と快適性の両立などが評価されノミネート。10月24日から開催される「東京デザインウィーク」に改良品を出展する予定で、評判次第では今後の商品化も視野に入れていく予定です。

中央大学精密機械工学科の中村研究室でバイオメカトロニクスなどを研究している山田氏は、現代女性が抱えている「ハイヒールを履かなくてはいけないという仕事上の(暗黙の)ルールやTPOなどの個人では解決できない制約」「ハイヒールありきでデザインされた洋服」などにスポットを当て、しばしば起こり得る疲労や健康被害を受けることなく、履いた方が快適になるハイヒールの開発に努めました。

ヤチャイカは、従来のハイヒールが着用者の立ち姿と足取りの美しさを主に考えてられているために疲労や姿勢の悪化、関節痛などを起こしやすいという問題があることに着目し、これらの解決を目指して研究されました。また、ハイヒールを履くと足首を使った歩行が難しく、着地時の衝撃がそのまま身体負荷となってしまうので、板バネとゴム板による衝撃吸収機能有したヒールを搭載することで足首を動かして衝撃の少ない自然な歩行と疲労軽減を可能にしました。

ジェームズダイソンアワードは、次世代のデザインエンジニアを称え、支援し、育成するための国際デザインエンジニアリングアワードです。ヤチャイカは、世界中で女性が日常的に接している問題にスポットを当て、だれもが変わることがないと思い込んでいた原型の再構築に挑んだ姿勢が高く評価されています。今年の国際最優秀賞は、国内2位となったヤチャイカを含む20作品の中から選出され、発表は11月10日で、国際最優秀作品には約540万円が授与される予定です。

中央大学
chuo_univ

多様な教育により養われた「行動する知性。」は世界と日本の「中央」へ

中央大学は、1885(明治18)年、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神を掲げ、「英吉利法律学校」として創設されました。この伝統は、総合大学として幅広い学問分野を網羅する現在では、「行動する知性。- Knowledge into Action-」というユニバ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。