東北大学電気通信研究所は、株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ東日本と、コストを抑えた耐災害情報プラットフォームの構築を可能するデータ複製方式を共同開発したと発表した。

 3者は、大規模災害によりインターネットなどの広域網が途絶し、遠隔地にバックアップしたデータが利用できない状況を想定。被災地内でデータを保護し、継続して情報サービスの提供を可能にするデータ複製方式を共同開発した。

 研究でのシミュレーションでは、県や市レベルの自治体地域各所に設置したサーバー24台のうち、50%のサーバーが損壊した場合を想定。同時に被災する可能性の低いサーバー間でデータを複製し合うことにより、94%のデータが保護できることが確認できた。また、データの消失リスクに応じてデータを複製する数を変えることにより、従来方式と比較して、半分のデータの複製数で同じ量のデータを保護することに成功。この技術により、コストを抑えた耐災害情報プラットフォームの構築が可能になるという。

 今後は、開発したデータ複製方式をサーバーに搭載し、東北大学の3か所のキャンパスに多数配置して大規模検証環境を構築、宮城県薬剤師会と連携して作成した「電子お薬手帳アプリケーションシステム」を用いた実証実験を行う。震災後設立された「東北 IT 新生コンソーシアム」と連携し、技術開発を進めていくという。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。