再生医療の記事一覧

印象派物理学、「切り紙」に美しい数式発見 工学・医療へ応用期待 お茶の水女子大学

 お茶の水女子大学の奥村剛教授は磯部翠大学院生と共に、「切り紙」の構造が持つ高い伸長性の鍵が、平面内変形から平面外変形へ […]

iPS細胞から胚体内胚葉への誘導法発見 各種臓器・消化管の作製に貢献 京都大学

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)の松野邦彦大学院生(CiRA/日本医科大学消化器外科・移植外科)、長船健二 […]

iPS細胞から心筋細胞の作製に成功 心臓再生医療に光 慶應義塾大学

 慶應義塾大学医学部の研究グループが、ヒトiPS細胞から心臓の筋肉となる心筋細胞を高純度でつくる方法を開発しました。より […]

脱毛疾患や火傷治療に期待、iPS細胞から皮膚器官系を再生 北里大学ら

 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から毛を生み出す「毛包」などを含む皮膚組織を丸ごと再生したことを、北里大学と理化 […]

iPS細胞から目の主要部分の細胞を作製 新たな再生医療に期待 大阪大学

 ヒトのiPS細胞から角膜のほか水晶体、網膜など目の主要部分の細胞を作ることに、大阪大学大学院医学系研究科脳神経感覚器外 […]

横浜市立大学 マウス培養精巣から6カ月以上の精子産生に成功

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科小川毅彦教授、医学研究科泌尿器科学矢尾正祐教授と大学院生古目谷暢医師らは、マウスの精 […]

パーキンソン病iPS細胞バンク構築へ 病態研究を推進 順天堂大学など

 順天堂大学医学部脳神経内科の服部信孝教授らは、ヒト末梢血から作製したiPS細胞を効率的に神経幹細胞に誘導する技術を開発 […]

東京大学 世界最高速の分子判別法を開発 バイオ研究を加速

東京大学大学院理学系研究科の井手口拓郎助教、合田圭介教授らは、分子の種類を世界最高速で判別する振動分光法を開発しました。 […]

京都大学 効果の高い移植条件を特定- iPS細胞から心筋細胞-

 京都大学の吉田善紀講師らの研究グループはヒトiPS細胞から作った心筋細胞を移植するために最も効率のいい条件を見出しまし […]

京都大学 重い心不全の治療法 ES細胞から心臓組織のシートを作製

京都大学の山下淳教授、坂田隆造元教授、田端泰彦教授らの研究グループはマウスES細胞から作製した心臓組織シート15枚を積層 […]
  1. 1
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9