アメリカ航空宇宙局(NASA)のX線観測衛星チャンドラが、X線の激しい閃光を生じる新しいタイプの天体爆発を発見した。この研究には、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の野本憲一特任教授とAlexey Tolstov特任研究員が参加している。

 このX線源は、Chandra Deep Field-South(CDF-S)と呼ばれる比較的クリアな観察が可能な領域に位置し、2014年10月1日に放射が観測された後、数時間後に1000倍明るくなり、約1日で感度以下に暗くなった。ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー望遠鏡の既存の観測データから、天体爆発は、107億光年離れた小さい銀河で起き、その銀河にある全ての星の数千倍ものエネルギーを放出したことになるという。

 チャンドラ衛星は、大気によって吸収されてしまう、高エネルギーの天体が放射するX線を観測するために打ち上げられた衛星で、X線天文学に大きな進展をもたらしてきた。成果には、星の爆発や中性子星、ブラックホールから発せられるX線の観測が挙げられる。今回の現象の説明としては、中性子星とブラックホールとの合体や、中性子星同士の合体で引き起こされる爆発のガンマ線バーストが検討されているが、現状観測データと合っておらず、また似た現象も発見できていないという。

 解明には同様の現象のさらなる発見が求められるが、地球近くで事象が起きた場合には、X線放射だけでなく重力波も検出できる可能性があり、中性子星やブラックホールに対する物理の進展が見込まれるという。

論文情報:【Monthly Notices of the Royal Astronomical Society】A New, Faint Population of X-ray Tansients

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。