東北大学、大阪大学、日本電気株式会社(NEC)、国際航業株式会社、株式会社エイツーは、「津波浸水・被害推計システム」を共同で開発した。地震発生から30分以内の短時間で津波浸水被害推計を行う世界初のシステムで、内閣府が運用する「総合防災情報システム」の一機能として採用が決まった。

 本システムは、南海トラフ地震を想定し、総距離6,000kmにおよぶ太平洋沿岸地域における津波被害を、シミュレーションによって即時に推計する。従来の手法では数日かかっていた被害推計を、産学の連携および理学・工学・情報科学の学際連携により、世界で初めて地震発生から30分以内で可能にしたという。また、東北大学(仙台)と大阪大学(大阪)の2拠点で同一システムを構築・運用することにより、24時間365日、無停止での運用を実現する。

 2011年に発生した東北地方太平洋沖地震津波災害の教訓から、迅速な災害救援計画・体制の確立をめざした取り組みが進んでいる。本システムは、地震発生時の断層推定から津波による浸水・被害推計、情報提供までを迅速に行う世界最先端の防災システムとして、日本の災害対応力強化に貢献するもの。本格導入は2017年度後半を予定している。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。