琉球大学と株式会社外為どっとコムは、個人投資家向け資産運用ロボットを将来的に提供するため、「人工知能(AI)を用いた為替のトレンド予測」に関する共同研究契約を締結した。琉球大学のFX業界との産学連携は初。

 近年、コンピュータ等の性能向上によって様々なデータの収集が可能になり、蓄積された膨大なデータを分析し、活用するためのAI技術が注目を浴びている。特に、「deep learning」と呼ばれる技術は、データに含まれる特徴を自動で発見することができるため、音声・画像認識の分野で広く活用されている。

 そこで、琉球大学は、外為どっとコム沖縄支店との共同研究を通じて、この「deep learning」をはじめとするAI技術を用い、FXに関連したビッグデータから相場変動の特徴を発見し、為替のトレンド予測を目指していく。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。