東京大学大学院総合文化研究科の小宮剛准教授らの研究グループは、カナダ・ラブラドル・サグレック岩体に産する39.5億年前の堆積岩を調査し、生命活動の痕跡を見出すことに成功した。この成果により、世界最古の生命の痕跡は、これまでの推定より1.5億年以上も遡ることとなる。

 地球上に生命がいつ、どこで誕生したのかの解明は未だ道半ばである。これまで知られていた最古の生命の痕跡は、西グリーンランド南部・イスア地域の堆積岩中から発見されたもので、37~38億年前とされてきた。
今回、同研究グループは、39.5億年前の海洋堆積岩を調査し、複数の堆積岩中に微小なグラファイト(炭素質の微粒子)が存在することを発見。これらを詳細に解析し、発見されたグラファイトは、当時の海底面に降り積もった物であること、還元的アセチル-CoA経路やカルビンサイクルといった生命による代謝分別経路を経て生じたものであることを明らかにした。

 本成果により、約40億年前の海洋で生命活動が行われていた地球科学的な証拠が世界で初めて示された。当時の海洋に生息していた微生物種については、さらなる分析評価を重ねることで、その特定につながることが期待される。本研究で用いた手法は、他の太古代試料や火星起源の隕石にも適用可能であり、初期生命の進化史や生命起源の解明に貢献する極めて重要な成果であるといえる。

論文情報:【Nature】Early trace of life from 3.95 Ga sedimentary rocks in Labrador, Canada

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。