オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用、抗動脈硬化作用を持つと言われ、一般に「体に優しい脂肪酸」として認識されている。ところが、そのオメガ3脂肪酸が「アレルギーを悪くする」という意外な側面を持つことが、東京大学の研究グループの発見によって明らかとなった。

 研究グループはまず、アレルギーの中心的役割を担う細胞であるマスト細胞が、オメガ3脂肪酸が酸化されて生じた「エポキシ化オメガ3脂肪酸」を常時産生していることを発見した。マスト細胞はアレルゲンと出会うと活性化し、痒みや気道収縮、血管拡張による体温低下などのアナフィラキシー反応を引き起こす。過度なマスト細胞の活性化が見られることがアレルギー患者の特徴だ。

 研究グループは、マスト細胞においてエポキシ化オメガ3脂肪酸の産生を担う酵素の同定を試みた。結果、PAF-AH2という脂質分解酵素がエポキシ化オメガ3脂肪酸を産生しており、産生されたエポキシ化オメガ3脂肪酸はマスト細胞の活性化を抑える作用を持つSrcin1という分子の発現を減少させることで、マスト細胞の活性化を促進していることがわかった。

 PAF-AH2の酵素活性がマスト細胞の活性化に重要であることを突き止めた研究グループは、続けて、PAF-AH2の阻害剤をマスト細胞に添加する実験を実施。すると、マスト細胞の活性化とそれによるアナフィラキシー反応が顕著に抑えられたといい、アレルギーの全く新しい創薬標的としてPAF-AH2が有用であることを示すことに成功した。

 本成果から今後、PAF-AH2の阻害を分子基板とした全く新しい抗アレルギー薬の創生が期待されるという。

論文情報:【Nature Medicine】Omega-3 fatty acid epoxides are autocrine mediators that control the magnitude of IgE-mediated mast cell activation

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。