東北大学(宮城県仙台市)は2018年3月14日、「次世代火山研究者育成コンソーシアム」代表機関として、北海道、宮城県、神奈川県、長野県、岐阜県、長崎県との連携協定に調印・締結。このコンソーシアムによって東北大学は、各自治体と協力ながら、研究成果を社会へ還元でき、かつ社会防災的な知識を有する次世代火山研究者を育成することを目指す。

 これまで東北大学が代表機関(代表:理学研究科 西村 太志 教授)となり、文部科学省委託事業「次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト」の「火山研究人材育成コンソーシアム構築事業」を実施。この事業において、全国16大学、および国土交通省国土地理院、気象庁気象研究所、防災科学技術研究所、産業技術総合研究所などの研究開発法人が「次世代火山研究者育成コンソーシアム」を設立し、昨年2017年度から10年計画でスタート。

 また、この事業では、主に大学院修士課程の学生が火山学の広範な知識と専門性を身につけるために、大学や研究機関等が協力。地球物理、地質・岩石、地球化学などの火山学の主要分野とともに、国内外の活動的火山における火山学実習、先端的火山研究や工学・社会科学のセミナーなどを提供している。

 「次世代火山研究者育成コンソーシアム」では今後、地方自治体の協力を得ながら、学生が自然災害に関する行政の対応を実践的に学べるインターンシップなどを実施していく予定。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。