赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会は、2015年12月1日~2016年3月31日の4ヶ月間、東京大学山下会館を会場に、さまざまな分野の第一線で活躍する著名人が、それぞれの表現方法で「バカとは」について講義する「バカ田大学」を開講します。

 代表作「天才バカボン」などギャグ漫画の王様で、ナンセンスの帝王として日本中から愛された漫画家、赤塚不二夫※。「バカ田大学」は、2015年9月14日に生誕80年を迎えたことを記念して、“鬱屈した空気が蔓延する現代社会だからそ、赤塚不二夫のタブーのない世界、ギャグ、ナンセンスな笑いが席巻するような一年にしよう”と企画されたプロジェクトです。

 「バカ田大学」の登壇者には、イラストレーターのみうらじゅん氏、CGアーティストの河口洋一郎氏、劇作家で演出家の宮沢章夫氏などさまざまな分野の第一線で活躍する著名人を迎え、「これでいいのだ」に代表される“赤塚イズム”を再発見するべく、それぞれの表現方法で「バカとは」について解き明かします。授業料は、1コマ5,500円、2015年11月14日からチケットぴあなどで購入できます。また、2015年12月から、赤塚ワールドにインスパイアされて制作された新進気鋭のアーティストの作品や赤塚不二夫作品を中心とした漫画史・社会史の解説が展示される「バカ田大学展」の開催も予定されています。

※赤塚不二夫 1935年 9月14日生まれ。手塚治虫の「ロストワールド」に影響を受け、漫画家を志す。
1997年に第26回日本漫画家協会文部大臣賞を受賞。 1998年には紫綬褒章を受章。

出典:【赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会】赤塚不二夫生誕80年企画「バカ田大学」開講のお知らせ

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。