東京大学の片岡一則教授、東京工業大学の西山伸宏教授らの研究グループはがん治療に活用できるナノマシンを開発しました。これにより体にメスを入れることなくがん治療を行うことができるようになるかもしれません。

 ナノマシンというと小さなロボットをイメージするかもしれませんが、実際は化学物質の性質を利用したものです。腫瘍の中は健康な組織と比べてやや酸性に傾いています。この違いにより腫瘍の周りだけで溶ける、リン酸カルシウムという物質で薬剤を固めたものが今回開発されたナノマシンです。これと中性子捕捉療法を組み合わせることでがんの治療が可能になります。中性子捕捉療法にはガドリニウムという物質を含んだ薬剤を使います。ガドリニウムに熱中性子線という放射線を当てると強力な放射線を放出します。熱中性子線は生体への影響が少ない一方で、ガドリニウムから出る放射線は細胞を傷つけます。新しいナノマシンを用いてガドリニウムをがんの病巣だけに投与し熱中性子線を当てることで、正常な細胞を壊すことなくがん細胞のみを破壊することができるのです。

 実験でマウスへの治療を行ったところ、目立った副作用も無くがん細胞の増殖を抑制することができました。さらにガドリニウムはMRI検査で臓器が写るようにする造影剤としても使われます。このナノマシンの利用により腫瘍の検査も容易に行うことができるようになります。

 これまでのがん治療と言えば手術で病巣を取り除くのが第一の選択肢でしたが、体への負担が大きいばかりか、がん細胞を除き切れず再発する可能性もありました。この方法では負担を抑えながら治療することができます。さらに検査が容易に行えるため、がん細胞を取りこぼす危険も格段に下がると期待されています。将来のがん治療は入院不要の日帰り治療になるかもしれません。

出典:【東京工業大学】”切らない手術”を実現するナノマシンを開発―がんの日帰り治療の実現に向けて―

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。