早稲田大学スポーツ科学学術院 樋口満教授と株式会社西武ライオンズは、「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」に関する共同研究を2016年3月から開始しました。この研究によって野球観戦が高齢者の健康に及ぼす効果を明らかにすることができれば、自治体等の高齢者施策としてスポーツ観戦を導入するなど、高齢社会の貴重な貴重なエビデンス(科学的根拠)となることが期待されます。

 近年、高齢者の不活発な生活が心身の機能を低下させ、その結果、将来の要介護リスクを高めることが指摘されているほか、同居者以外の他者との交流頻度が少ない高齢者は死亡リスクが高いということも報告されています。一方で、野球場での野球観戦や野球観戦を通じた他者とのコミュニケーションの活性化は、高齢者の健康になんらかの好ましい影響をもたらし、QOL(生活の質)を向上させる可能性が予期されながら、これまで、スポーツ観戦が高齢者の健康に与える影響について調査した研究はほとんどありませんでした。

 こうした状況を背景に、早稲田大学と西武ライオンズは研究契約を締結し、高齢者の身体活動量・幸福感・抑うつ・認知機能・生活習慣などの様々な側面から野球観戦の効果について検証を行う共同研究を実施します。研究モニター(被験者)は、2015年に西武ライオンズが「連携協力に関する基本協定」を締結した近隣の5自治体(所沢市・飯能市・狭山市・入間市・日高市)で募集した約70名の高齢者を対象に研究を実施します。西武ライオンズは2016年シーズンの一定期間で使用できる観戦チケットを提供し、早稲田大学は解析・検証を行います。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。