東北大学東北メディカル・メガバンク機構の統合データベース室、バイオバンク室、試料・情報分譲室の3室が、バイオバンクとしては日本初のISO27001認証を取得しました。

 授与式は宮城県仙台市の東北大学であり、認証審査機関ISOQAR(本社・英国)ジャパンの谷井良成ゼネラルマネージャーから荻島創一統合データベース室長、峯岸直子バイオバンク室長、鈴木洋一試料・情報分譲室長に認証書が手渡されました。

 東北大学によると、ISO27001は、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格で、組織が保有する情報資産のリスクに対し、適切なセキュリティ管理体制を維持していることを認証するものです。大学や研究機関では主に、IT系部門が取得しています。東北大学東北メディカル・メガバンク機構の3室は2015年12月から2016年2月にかけ、ISOQARの1次、2次審査を受審。3室がマネジメントしている試料と情報が、機密性、完全性、可用性ともバランスよく担保されているとして、国内バイオバンクとして初めての認証が決まりました。

 東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、国が東日本大震災の復興事業として進める東北メディカル・メガバンク計画の推進機関として設立され、被災地住民の健康不安を解消するとともに、東北初の次世代医療を確立するため、ゲノム情報、生体試料、診療情報などを収集しています。さらに、個人情報保護のため、匿名化など適切な措置を施したうえで外部に提供する一方、調査や解析研究を進める人材の育成も進めています。

東北大学
東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。