大阪市立大学大学院医学研究科脳神経科学の富山貴美准教授らのグループは、金沢大学、富山大学、米国ノースウェスタン大学と共同で、既存医薬品であるリファンピシンに認知症を予防する広い作用があることを世界で初めて突き止めたと発表しました。

 認知症にはアルツハイマー病、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症などがあり、原因タンパク質とされるのは、それぞれアミロイド β(Aβ)、タウ、α シヌクレインです。これらのタンパク質が脳内で数分子~数十分子からなる小さな会合体(オリゴマー)を形成し、神経細胞の機能障害により認知症が発症するとされます。Aβを除去する治療薬の開発は数多いもののいずれも有効性は未確認です。発症後には多くの神経細胞が死滅するため、最近では発症前の予防が重視されています。

 リファンピシンは結核やハンセン病などの治療に長年使われてきた抗生物質で、同薬を服用していたハンセン病患者に認知症が少ないという報告があります。1994年に富山准教授がAβ凝集に対する同薬の抑制作用の存在を確認しています。

 今回、リファンピシンの作用を試験管内で検討し、Aβ、タウ、α シヌクレインのオリゴマー形成を抑える作用があることを発見しました。さらに、同薬の内服による効果を調べるため、アルツハイマー病や前頭側頭型認知症のモデルマウスに1カ月間経口投与しました。その結果、いずれの場合でも脳のオリゴマーが減少し、シナプスが回復して、記憶障害の改善が確認されました。

 脳内でのAβの凝集から認知症発症まで20年以上かかるとされ、予防薬の服用は長期になると考えられます。リファンピシンは安価で内服可能であり、副作用に関する情報も蓄積されています。今後、臨床試験でヒトに対する予防効果が確認され、副作用の問題がクリアできれば、安全で有効な認知症予防薬として有望であるとしています。

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

富山大学

広い知識と深い専門的学識を教授することにより、「高い使命感と創造力のある人材を育成する総合大学」を目指す

地域と世界に向かって開かれた大学として、生命科学、自然科学と人文社会科学を統合。特色ある国際水準の教育及び研究を行い、人間尊重の精神を基本に高い使命感と創造力のある人材を育成し、地域と国際社会に貢献する力を養います。[…]

金沢大学
pixta_4267498_M

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。