日常の自然体験が子供たちの生物多様性保護意識を向上させることが、東京大学大学院の花木啓祐教授、英国エクセター大学のケビン・ガストン教授らの研究で明らかになった。研究成果は学術誌「環境調査、公衆衛生学の国際ジャーナル」電子版に掲載された。

 研究グループは東京都内の小学生約400人を対象にアンケート調査をし、生物多様性に対する保全意識の発生要因を調べた。

 それによると、調査では緑地での散策や虫取りなど直接的な自然体験のほか、テレビや本で生き物を目にしたり、親や友達と自然について話をしたりする頻度を聞き取った。その結果、緑地など地域の自然環境に頻繁に出向く子供はそうでない子供に比べ、生物多様性の保護に高い意識を持っていた。

 さらに、テレビや本などを通じた間接的な自然体験も、自然への親近感や生物多様性保護への関心を高めることが分かった。逆に自然体験の経験がほとんどない子供たちは、生物多様性や環境保護への意識が極端に低かった。

 山登りや木登り、虫取りといった自然体験をした経験がない子供は全国で増えている。研究チームは急速に進む子供の自然離れが、環境保護意識を形成するうえで大きな障害となることを示唆しているとみており、日常の自然体験が環境教育上で大きな意味を持つとしている。

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。