研究成果の記事一覧

北海道大学 炎症反応のメカニズムを宇宙で解明へ

 北海道大学の村上正晃教授らの免疫と重力の関連を調べる研究テーマが宇宙航空研究開発機構(JAXA)の […]

京都大学 ブラックホールから可視光を観測

 京都大学の野上准教授、上田准教授らの研究グループはブラックホールの瞬きを可視光でとらえることに初め […]

理化学研究所、千葉大学など 小さな鉄断片で磁場を安定化-高性能NMRの実現に期待-

 理化学研究所、ジャパンスーパーコンダクターテクノロジー株式会社、物質・材料研究機構、株式会社JEO […]

自閉症スペクトラム障害児における脳活動の特徴を捉えることに成功 金沢大学

 金沢大学、子どものこころの発達研究センターの高橋哲也特任准教授、三邉義雄教授らの研究グループは、自 […]

広島大学 不整脈による突然死のリスク予測へ

 広島大学の木原康樹教授、茶山一彰教授らは理化学研究所と共同でブルガダ症候群の発症リスクを低減する遺 […]

名古屋大学 世界初、単一神経細胞の記憶形成を確認

 名古屋大学の森郁恵教授と貝淵弘三教授らの研究チームは、線虫を使った実験から新たな記憶メカニズムを発 […]

追跡調査3年、長時間のゲームが小児の脳に悪影響 東北大学

 長時間にわたるビデオゲームが言語知能など発達期の子供の脳に悪影響を与えかねないことが、東北大学加齢 […]

立教大学、「50羽からの挑戦 アホウドリ先生に学ぶこれからの海洋保全」シンポジウム開催

立教大学では、絶滅寸前まで減少したアホウドリの保全生態学的研究および保護増殖に尽力した長谷川博氏(東 […]

論文数は順天堂大学、注目数は早稲田大学が最大の伸び

 科学技術・学術政策研究所が国内大学別の論文数と注目を集めた論文数を調べたところ、論文数で順天堂大学 […]

東京大学 溶けないもの同士が反応

 東京大学の小林修教授らのグループは触媒や原料を溶解させるよりも、敢えて溶けない状態にすることで高い […]
  1. 1
  2. 180
  3. 181
  4. 182
  5. 183
  6. 184
  7. 204