北海道大学の田中孝之准教授らの研究グループは12月16日、ニコンとの共同研究で開発した腰まわりの姿勢と負担を推定する機能を持つセンサ内蔵ウェアに、新たに背中の筋肉の活動を計測するセンサを内蔵したと発表した。

 様々な職場で作業員の負担や疲労の軽減など腰痛予防が求められており、研究グループは各種作業の「軽労化」に対する取り組みを行っている。2015 年にはニコンとの共同研究で作業者への負担のかかり方を容易に察知することができるセンサ内蔵ウェア「着るレントゲン」を開発、介護現場での実証試験により介護者の腰の負担をリアルタイムに計測・管理することに成功した。しかし、姿勢の変化に伴う自重による腰の負担は計測できたが、患者を抱きかかえたり荷物を持ち上げたりなど外部から受ける力による作業の負荷には対応できていなかったという。
 
 今回、新たに背中の筋肉の活動を計測するセンサを内蔵することで、持ち上げる荷物の重さが分からなくても腰の負担の増減を詳しく知ることができるセンシング技術を開発した。荷物持ち上げ実験で姿勢センサだけを用いた従来手法よりも平均で約 3~5 割、腰の負担の計測精度を高めることに成功した。筋力補助スーツなどのアシストツールによって、腰に補助を受けたときにも腰負担の軽減度合いを可視化することができるという。 
 
 今後、研究グループは介護施設ほか労働現場で活用できる製品・サービスとしての展開を考えているという。作業中の腰負荷データを蓄積しビッグデータ解析することで、腰負荷の軽減、人員配置の最適化など業務改善に繋がるソリューションの提供を見据えて開発を進めていく予定。また、筋力補助スーツなどのアシストツールの補助効果を評価したりアシストツールのセンサとしても活用が期待できるとしている。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。